« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

夜のスポット

Imgp3237

最近、ホテルの
Rooftopバーが、とても
増えました。

今日ご紹介するのは、

INK48 ホテルの屋上

Imgp3216

西側のハドソンリバー沿い

川からの風は、少し
肌寒かったですが、
とても雰囲気のある
お店でした

Imgp3224

ミッドタウンの夜景が
とても間近に楽しめます

と~にかく きれい

写真が手ブレで鮮明で
なく、申し訳ない

Imgp3226

夜の街を上から
見下ろすのも、格別

Imgp3228

川沿いに隣接している、
イントレピット博物館です

先端に、スペースシャトルが
見えるはずだったん
だけど・・・昨年の
ハリケーン サンディーで被害
大きく、屋内設置に
なったので、ざ~んねん

ロマンチックな夜に乾杯~

| コメント (0) | トラックバック (0)

レトロなエレベーター

Imgp3240 古い建物の多い
ニューヨーク

古いエレベーターも、現役
で活躍しています

OTIS製、こちらでは、
よく見かけるブランドで、
エレベーターの大手企業
として有名です

エリシャ・オーティスの発明
で、全世界へエレベーター
が広まりました

ニューヨークでは、1854年
に、実用化

日本では、1914年に
東京 三越で初導入され、
その後、大阪、横浜と
続いたそうです

Imgp3241

エレベーター係りの人に、
行きたい階を知らせて
連れて行ってもらいます

左手で握っているレバー
で操作してますが、
上下を行ったり来たりが
自由自在

見てたら、面白い...

エリシャ・オーティスの発明が、
ニューヨークの高層建築を
後押ししていったと言っ
て、間違いありません

このレトロなエレベーター、
ずーっと使い続けて欲し
いですね

| コメント (0) | トラックバック (0)

森林浴@セントラルパーク

Imgp3255

鮮やかな緑が、
とても綺麗

深呼吸をして、
新緑の香りを楽しみ

ここに来ると、季節の
移り変わりを肌で
感じます

Cp1_2 

日光浴している人を
あちらこちらで
見かけました

平日の昼間なのに、
思いのほか多い。。
みんな、私のように、
平日お休みなんだろうか

不思議だぁ

Imgp3248

スピリチュアルスポットとよく
言われる

オベリスク
   ”クレオパトラの針”

1881年、エジプトから
ここに移設されました

表面のヒエログラフもまた、
神秘的です

Imgp3256

セントラルパークの住人①

人慣れしてます
呼ぶと寄ってきたり

Imgp3258

セントラルパークの住人②

ロビン君←私が勝手に
      呼んでます

理由:ロビンという名が
    付いた鳥なので

鳴声が綺麗

Cp3

セントラルパークの住人③

優雅に泳ぐ姿に癒しを
感じ

Cp4 野鳥観察を楽しむ
グループにも何度も遭遇

この先にはキツツキが

木をつつく音もまた
自然を感じる音でした

セントラルパーク内には、
”Ramble”という、
自然保護区があるので
このような楽しみ方も
あるのです

Imgp3253

廃材から、パーク内の
椅子を作る工場も発見

Imgp3252

みんなの憩いの公園
は、このようなボランティア
の方々に支えられて
います

これから、夏のイベントが
楽しみです

| コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだあります!美味しいバーガー屋さん

Imgp3202

ミッドタウンのハンバーガー屋
ISLAND BURGERS &
                  SHAKES

クチコミで、評判だったので
行ってまいりました

見落としそうな、
小さなお店です。席数
も少なく、すぐに満席に。

ラスト1席を確保 
yes

この辺は、バーやレストラン
が沢山あるエリア
ヘルズキッチンというところ

遅い時間でも、沢山の
人でにぎわっています

Imgp3198

メニューは多彩
選ぶのに、かなり時間
がかかります。

フライドポテトも、
オニオンリングも、
オーダーしました
あまり脂っこくなく、
サイドに頼むの・・・アリ

Imgp3195

激辛好きな私は、
お店の人に、
「すごく辛いよ、ホントに
辛いよ、大丈夫??」と、
注意を受けたけど
挑んだ、

NAPALM

ハバネロ・ハラペーニョのせ・・
辛いものオンパレードです

Imgp3197
こちらは、

RAOUL'S

au poivre(オーポワブル)
という、コショウ風味で
コクのあるソースが
かかってます

ステーキによくかけるソース
お肉との相性は抜群
大人の味

Imgp3199
全部重ねると、
この高さ:15-20センチ

最初の一口で、
とてもお肉に辿り付けず
バーガー食べるのも
一苦労

上から、手で圧縮して
食べるのが、こちらの
作法の一つだそうで
・・・やってませんよー

Imgp3193

お店の雰囲気は、
とてもカジュアル

Imgp3201
入口は、小さいですが
奥行きがあります

ハンバーガーフリークの方
には、是非

挑戦した、激辛バーガー
ですが、美味しかった
辛さも丁度良く

| コメント (0) | トラックバック (0)

新規開拓地!

Imgp3192

隠れ家のような、
表に何の看板もない
このドアの奥には、
一体何が

チェルシー地区に出来た
マッキトリックホテルの
最上階にオープンしている
ルーフトップバーをご紹介
します

Imgp3189
GALLOW GREEN”です

ルーフトップですが、6-7階
と、とても小ぢんまりと
したホテル

宿泊客でなくても利用
できますが、要予約
エレベーターで上がる前の
チェックが少し厳しいです

これは、かなり穴場

Imgp3187
平日ということもあり、
ゆっくりした雰囲気が
良かった!

日が暮れて、周辺建物
のイルミネーションが最高

それを、何故 私は
撮らなかったのか
今、悔やんで、反省して
います。エンパイアが綺麗
でした

Imgp3183_5

もちろんに行った
のですが、軽食も

メニューは、そんなに多彩
ではありませんが、十分

こちらは、
プロシュートとアスパラに鶉卵
とチーズ添え

Imgp3186

サーモンとクレソンのサラダ

Imgp3190

イラクサ・ペスト、ウォルナッツ
と、ペコリーノチーズのパスタ

どれも、美味しくオススメ

ここは、ガーデニングに
こだわった自然に囲ま
れた雰囲気のお店

今度、お昼バージョンを
載せたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

マンハッタンの古い家

Imgp0827_2 Seabury Tredwellとその
ご家族が所有していた、
古い家が、マンハッタン内に
あります。

歴史的建築物として
保存されている
ギリシャ リバイバル様式で
1832年に建てられ、
美術館として公開

お友達とブラブラお散歩
を楽しんでいた時に、
偶然前を通ったので、
見学させてもらいました

Merchant's House Museum

商人だった、シーバリー氏が
1835年に購入し、1933年
まで住まれていた、
マンハッタン内にある貴重な
19世紀の邸宅

Imgp0825

中央左の方が
ご本人

メイフラワー号乗客の
末裔だそうです

歴史を感じます

Imgp0806

キッチンです

私が住んでる所より
も広~い

どんなお料理が作られ
ていたんでしょうね

ステーキとか出たかな

Imgp0808

各部屋には、この呼び
鈴に通じる線がつながっ
ていて、使用人が用事
があれば、ご主人に
呼ばれるシステムに
なっていました

どんな音が鳴るんで
しょうね~

Imgp0814

リビング

家具は全てオリジナル

デザインが素晴らしい

奥には、ピアノがあります
ピアノの椅子も、今の
スタイルとだいぶ違う

Imgp0813

リビングの続き
手前は、人形です
誰もいないと思っていた
ので、一瞬ギョっとなった
のは、言うまでもなく

ここの美術館は、
説明書のカタログを借りて
めくりながら、自分の
ペースで回れるしくみに
なっていました

ガーデンもあったのですが、あんまり手入れされてなくて、今一だった
ので写真撮りませんでした 意外と、保存の仕方が雑かな~と。

貴重な古い家、見学できて良かった興味ある方は是非、
ニューヨークの歴史に触れて見て下さい。

後日談
この家の見学を友人にオススメしたら。。。。
「あっ、知ってるそこぉ~、Haunted House(幽霊が出る家)で有名
でしょー」と、言われてしまいました、軽い感じで 知らぬが仏

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »