« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

ウールキャンペーン@ブライアントパーク

budマンハッタンミッドタウンのど真ん中にある、ブライアントパークbud
通りがかり、いつもと違う風景だったので、つい激写camera

Imgp2746

ariesaries羊がたくさんariesaries

ウールのキャンペーンを
していましたthunder

Imgp2745

羊の毛から、毛糸に
紡ぐ、昔ながらの方法も
デモンストレーション。

いろんな方法や機械が
あるんですね。

Imgp2744

フカフカで、暖かそう

Imgp2747

ブライアント公園内のベンチ
も、とても暖かそう
でしたheart

| コメント (4) | トラックバック (0)

ランチタイム特別展@NYパブリックライブラリー

ただ今、NEW YORK PUBLIC LIBRARYにて、特別展開催中。

”NYC LUNCH HOUR”

Imgp2741  昔、植民地時代の頃、
 ”お昼ごはん”という
 概念はなかったんだ
 そうです。

 むしろ、今で言う
 ”夕食”が、
 丁度、一日の中間の
 時間帯に食べられて
 いて、小腹がすいた時
 には、何か軽くつまむ
 ・・・だったんだそうです

 それが、夕食が一日
 の終わりの時間帯に
 移動し、12-14時を
 ランチアワーとした。
 そのいきさつや、
 経済と共に、食事
 のスタイルや内容が
 変化していく、その
 移り変わりなど、古い
 資料を展示して、
 紹介してくれています。

Imgp2716
 

物価の紹介や、

Imgp2715

学校給食が始まった
お話し―3セントだってrestaurant

レストランの古いメニューや、
今のダイエット本に
通じるもの、coldsweats01
 -体重の悩みにも、
   歴史があるとconfident
史上初の、レシピ本や、
料理学校に至るまで、
食文化の発展を、
とても詳しく学べますshine

Imgp2737

新鮮な生牡蠣も、
昔は、こんな風に
売られていたんですねnote

1820年― 6セント
1901年― 20セント
1959年― $1.25
2012年―  $2.25
 
現在の牡蠣は、
地下鉄片道料金と
同じですね。

ちなみに、地下鉄代は、
1904-1948年: 5セント
1953-1966年: 15セント

高級品だったと言う事
がよく分かりますheart04

Imgp2731

一番の驚きは、コレsign03
”AUTOMAT”

lovely自動販売機のハシリlovely

でもあり、

shineファストフードのハシリshine

Imgp2732 右側のコイン入れに、
お金を入れ、
左側の窓から、奥に
入っている料理を取る
しくみ。

ニューヨークでは1912年に
登場したそうですeye

”マカロニチーズ”
      10セント也sign04dollar

Imgp2736
restaurantおいしそうに食べて
ますrestaurantcafe

1970年後半に、ニューヨーク
に来られたという、会社
の先輩は、見た事ある
そうです。

あっという間に、
いろんなシステムが高度化
していったという実感が、
手に取るように分かりま
した。

doorどこでもドアdoorあったら、ちょっといろんな時代のニューヨークを
見てみたいなぁheart04

| コメント (0) | トラックバック (0)

大統領選挙'12

11月には、アメリカ大統領選。前回は、オバマ立候補し、新政権が
誕生するまでの国内の盛り上がりをずっと目の当たりにし、
こんな風に日本の政治も盛り上がったら、もっと政治の事や
国の事を考えるだろうになーと、つい羨ましい感想を持ったり
したものです。

日本のように、通りにいろんな政治家のポスターというものを
見る事はありません。時々、支持する政治家の名前が
書いてあるバッジを付けて歩いている人は見かけます。

そんな中、通りを歩いていると、某大手デリ(コンビニ)に、
こんなポスターを見つけました。

Imgp2710

支持する人の
カップで
コーヒー飲みましょう
キャンペーンsign01

happy01発想が面白い~happy01

しかも、このお店の
ウェブサイトを見ると、
ちゃんと集計結果
が確認出来る様にも
なっているのです。

やっぱり主張の国。

自己主張をこんな
ところにもbomb

ゾウとロバのマークは、
各党のシンボルマーク。

オバマ大統領続投か、
ロムニー新政権誕生か、
少し、楽しみです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ブロードウェイ ウィーク

夏休みが終わりましたが、マンハッタンを行き交う観光客の数、
あまり減っていない気がします。しばらく、ニューイヤーまで、
イベント盛りだくさんなので、減るより、うなぎ上りに増えるという
のが、特徴的。いつも、にぎやかで、楽しいですね。

さて、現在、ニューヨークは、レストランウィークのミュージカルバージョンとでも
いいましょうかsign02

 ”ブロードウェイ ウィーク” チケット2枚分が正規料金チケット1枚分の金額で、
購入できるという嬉しい期間なのです。 つまり、通常の半額で
ミュージカルが観れてしまうということshinenoteすばらしぃーgood

ずーっと観たかった、”EVITA”行ってまいりましたheart

Imgp2704_2 元女優から
アルゼンチン大統領
ファーストレディーとして、
活躍された方です。

チケットは、正真正銘の
「半額」では、ありません
でした。なーんだ!
ですが、そう言う事でも
ないと、行く決心って
付かないもの。いい
きっかけになりました。

Imgp2705

ブロードウェイ 初デビューの
”ELENA ROGER”

ごめんなさい。期待しすぎ
ました。すごくがっかり。
かなり残念でした。
評判って大切ですが、
自分の目で確かめるのが
一番です。

”RICKY MARTIN”は、
かっこよかったですよheart04

歌が一番素晴らしかったのは、ペロン大統領役で出た、一番右の方です。

沢山の人に愛されている有名な歌”DON'T CRY FOR ME ARGENTINA”も、
ほんとーにがっかりでした。

私が観たミュージカルは外れましたが、ブロードウェイ ウィーク(9/4-9/16)、
ニューヨークは過ごしやすい気候で、観光シーズンとしても最高ですので、
ミュージカル三昧したい方にはオススメの時期ですlovely 是非、ご参考にsign04

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »