« 2011年7月 | トップページ | 2011年11月 »

ユニオンスクエアの象

14丁目 ユニオンスクエアに、こーんな象・ゾウが出現しております。

Imgp2147

逆立ちしています。鼻で。
なかなか器用な格好

スペインのアーティスト
Maquel Barceloの作品。

ブロンズ象の彫刻です。
重さ6トン、高さ約8メートル。

下の台に座っている人と
比較しても、かなり大きい作品
であることはお分かり頂ける
はず

Imgp2146

何で逆さなのか?
何でゾウなのか?

見れば見るほど不思議な
作品。でも、ユーモアがあって、
いい感じ

困難な時代に生き抜く
芸術家が、常にバランスを
考えている、セルフポートレイト
として表現したものだそう。

ニューヨーカーに印象付けるのも
難しいということから、こんな
作品が誕生したようです。

2011年9月13日から
2012年5月いっぱいまで
公開されています。

この間、NYに来られる方は、
是非足を運んで見て下さい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

US OPEN 2011

Imgp2115_2
US OPENを観戦できる
機会が、NYにはあります。

この時期の風物詩。
チャンスがあれば、雰囲気を
味わいに年に一度は行って
みたいもの。

毎年の事ですが、天候が
不安定な季節で雨に
試合が延期になることも
つきもの。

屋外の試合の性ってやつです

Imgp2100_6

雨が降り、コートが濡れると
選手の怪我にもつながり
ます。なので、まずは、
このように、乾燥機を使用
して、コートを乾かす所から
スタートします。

それでも、雲行きが怪しいと
試合は中止、振り替えの
試合日までお預けですが、
その度に足を運ばなくては
いけないのも、面倒です。

Imgp2107

スタジアム外は、
フードコートがあり、
大画面でゲームの
行く末を見る事も
できます。

ビール、シャンパン、ワインを
片手に、皆さん観戦
している人も。なかなか
優雅なスポーツ観戦ですね。

Imgp2111

個人的に大好き
フェデラー選手。
カッコいい素敵
その言葉に尽きます・・

曇っていて、少し肌寒い
日でしたが、目は
スクリーンに釘付けです。

Imgp2104

スタジアム周辺には、
このような中継ブースが
数箇所設けられていて、
解説付きの中継を
していました。

Imgp2124_2

こちらも取材してました。
ポケットに手を突っ込んで
レポーターが話してます

Imgp2103

音楽の生演奏も
時間交代で

野球観戦や、バスケットボール
観戦とは、全く雰囲気が
違うというのが、よく
分かります。

Imgp2106_2

US OPEN TENNIS
のスタジアムは、
NYC QUEENS区
フラッシング メドーパーク
という、大きな公園の
中にあります。

沢山のテニスコートがあり
ますが、メインスタジアム、
”アーサーアッシュ スタジアム”
は、この方無しには
語れません

人種差別の厳しい影響
を受けながらも、黒人初選手
の先駆者として、活躍した方
なのです。アーサー・アッシュ選手。

この銅像と記念撮影している
人、沢山いました。私も、メイン
スタジアムを背景に一枚パチリ

Imgp2119_2

9.11メモリアルのセレモニーも
行われました。

海軍の方々の行進で、
大きな星条旗がコート
一面に広がりました。

本当に大きな国旗でした。
9/10 はシンディー・ローパ-
9/11 はクイーン・ラティファが、
国歌を迫力満点に歌い上げ
ました。か・ん・ど・う

Imgp2132

女子シングル ファイナル授賞式

優勝のカップ、準優勝の器
は、ティファニー製です

Imgp2135

男子シングル ファイナル 授賞式

Imgp2129

日本代表、
国枝選手も優勝
感動的な試合を
観る事が出来ました。

車椅子で、ボールを追いかけ
る姿 忘れられません

Imgp2142

ファイナルは、とても白熱
しました。
テニスにすっかり魅了されて
しまった1人です。

また、来年も来たい!
来れたらいいなーと
思いをはせ、
夏の熱い戦いは
終わりとなりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年11月 »